停滞期とはダイエット中に体重の減少がピタッと止まってしまう時期の事を言います。

この時期は体重が減らない、あるいは増えていたりする事もあります。

毎日しっかりやっていて順調に落ちていたのになぜ・・・と落ち込みますよね

この停滞期でダイエットが嫌になって止めてしまう人もいますが、せっかく続けてきたダイエットを止めてしまうのは勿体無いです。

停滞期さえ乗り越えればダイエットは成功したようなものです

 

 

停滞期はいつから?

ダイエットを始めて2週間位で停滞期が来る人は多いと思います。1ヶ月位で停滞期が来たと言う人もいます。停滞期は1ヶ月の間に体重の5%痩せた場合にやってくると言われています。

元の体重が60キロの場合は約3キロ、一気に痩せた時と言う事になります。

 

 

なぜ停滞期が始まるのか

停滞期とは危機管理システムが働いた時と言われています。危機管理システムとは人の体が命を守るために備わっているシステムです。体重が一気に減った事で、体内が命の危険を感じて節約モードになってしまいます。

出来るだけ脂肪を蓄えようと脂肪の燃焼を抑えてしまいます。少ない食べ物からでもエネルギーを吸収して、減った分の体重、体脂肪を元に戻そうと体内で働きます。この期間はいつも通りにダイエットをしているはずが落ちない・・・。少し増えてしまったなどの事が起きる期間になります。ダイエットをしている時では迷惑な事ですが、命を守る為のシステムなので仕方ない期間でもあります。

 

停滞期の期間はどれくらい続くの?

停滞期は2週間から長い人で1ヶ月以上続くと言われています。

この停滞期で減らないしうんざりしてダイエットを諦めてしまうのは勿体無いです。

現状の体重を維持して、この体重が「ベスト体重なのね」と体に理解させる事が必要になります。体が理解すると節約モードを解除して燃焼しやすい状態に戻す事が出来ます

停滞期は一気に体重を落とそうとすると必ずくる期間です。

停滞期を理解する必要があります。

停滞期が来たな!と理解する事で乗り越える事も出来るし、諦めないで続ける事が出来ます

停滞期が来たらダイエットも成功していると思うようにしてください

 

 

停滞期をどうやって乗り越えるか

停滞期で体重が落ちなくなってしまい、ダイエットを断念してしまう。これがダイエット失敗例で多い事です。いくらやっても落ちない、むしろ増えてきた・・・なんて事になるとやる気も無くなってしまうのも分かります。

停滞期さえ乗り越えれば成功したようなもんです。もうちょっと頑張ってみましょう。

停滞期の過ごし方は、タンパク質を摂るようにしましょう、停滞期に入るとエネルギーの消費が落ちます。体が危険を感じているので代謝も下がるので代謝が下がってしまうと、エネルギーの消費も落ちます。ココを乗り切るためにタンパク質を摂る事で筋肉が落ちないようにします。低カロリー高タンパクのササミなどを食べるようにしましょう。

停滞期中にやってはいけない事は、極端に食事制限をしない事です。

体重が落ちないからと何時ものダイエットから更に食事制限をする事は危険です。ストレスにもなりますし何より体に負担がかかります。停滞期中はなるべく高タンパクな物を食べるようにして体を現状の体重がベストと認識させるのが必要になります。

運動量を増やしたりする事もNGです。

消費エネルギーが落ちている期間です。普段やっている運動でも普段より消費カロリーは少なくなっています。運動量を増やしてもあまり効果的にならないので適度な運動のままで十分です。無理はしないようにしましょう

 

停滞期まとめ

停滞期はダイエットをしていると突然来る期間です。

停滞期が来たらダイエットが成功している証拠と思ってください

停滞期中は低カロリー高タンパクの食事を摂るなどして筋肉量を落とさないようにしましょう

停滞期で諦めてしまうのはもったいないです。ダイエット成功の一歩手前まで来ています

体が現状の体重で問題無いと認識すれば、また体重は落ちるようになります。リバウンドしないように食べた物や過ごし方などメモしてみましょう。振り返りもダイエットの経験、知識に繋がりますよ