ヨーグルトダイエットは簡単に始める事が出来るダイエット方法です。健康にも効果的なダイエット方法です。ヨーグルトに含まれるビフィズス菌の働きで、腸内環境を整えて便秘解消などダイエット中便秘になる事も多い女性にオススメな方法です。

やり方はヨーグルトを食べるだけの簡単な方法ですが、効果的に行うには食べる時間も重要になってきます。また効果を把握する事も必要です。とりあえず何となく食べる。だけでは効果的とは言えません。ヨーグルトダイエットのやり方を紹介します

 

ヨーグルトの効果

homemade-yogurt-with-fruit-and-granola1

最初にヨーグルトの効果について説明します。ヨーグルトでダイエット効果を得る事が出来る成分は乳酸菌とカルシウムが豊富な事です。カルシウムを多く摂る人の方が、カルシウムをあまり摂らない人と比べて体脂肪が減る事が分かっています。乳酸菌にも多くの種類があります。得られる効果はどれも違ってきますが乳酸菌を摂取する事で気をつけないといけない事があり、乳酸菌の摂取を止めてしまうと腸内環境は元に戻ってしまう事です。毎日摂取する事が必要になります。毎日摂取する事で得られるヨーグルトの効果を紹介します。

  • 便秘予防と解消
  • 腸内環境の改善
  • 免疫力の向上
  • 老廃物を排泄する
  • コレステロール値を下げる

注目効果は上記のような効果があります。ヨーグルトがダイエットに効果的な事は、腸内環境の改善が注目ポイントになります。

腸内環境を整える事で、便秘の解消・改善の効果があります。便秘になるとお腹が出るだけでなく、内臓の血管を圧迫します、この事によって血行を悪くしてしまう為、代謝が下がってしまいます。ダイエットの基本は基礎代謝をアップする事です。基礎代謝を高くする事で、運動をしなくてもカロリーの消費量がアップします。太りにくい、痩せやすい体にする事が出来ます。

 

 

 

ヨーグルトの食べ方・食べるタイミング

Greek-goat-yogurt-3

ヨーグルトを食べ方、食べるタイミングによっても効果が変わってきます。

ダイエット目的で食べる場合は、食事の前にヨーグルトを食べるようにしましょう。

脂肪分解効果に優れているカルシウムは食前に摂る方が吸収も上がる為、ヨーグルトダイエットの場合は食前に摂る事が効果的です。食事前に食べる事で食欲も抑える事が出来ます。便秘解消を目的に食べる場合は食事後が良いです。ヨーグルトの乳酸菌は空腹時に食べると胃酸負けしてしまい腸に届ける事が出来ません、食後であれば食事によって胃酸が薄まっている状態の為、乳酸菌が腸に届きやすいのでダイエット目的の場合は食事前、便秘解消目的の場合は食事後がベストです。

ヨーグルトダイエットで効果的な食べ方は、ヨーグルトを温めて食べるホットヨーグルトです。ヨーグルトは冷たくして食べるイメージがありますが、冷たい物を食べ過ぎてしまうと、お腹が冷えてしまい脂肪を溜め込みやすくなります。ヨーグルトを温める事でカルシウムの吸収が良くなります。カルシウムの吸収を高めると脂肪を溜め込まない体を作る事が出来ます。ヨーグルトダイエットの食べ方で一番効果的な方法はホットヨーグルトです。朝食をホットヨーグルトに置き換えて1ヶ月で3キロ痩せた。と言う人もいますしダイエット効果は高いです。

 

 

ホットヨーグルトの作り方

無糖のヨーグルト・・・100ml

ハチミツ・・・適量

ヨーグルトとハチミツを入れてレンジで温めるだけで出来上がりです。

※温め過ぎると乳酸菌の効果が無くなってしまう為、人肌程度が適温になります。

 

夜ヨーグルトも効果的

夜にヨーグルトを食べる事も腸内環境改善に効果的です。夜の22時から2時までの時間は腸のゴールデンタイムと呼ばれていて、この時間にヨーグルトを食べる事でより高い整腸作用が期待出来ます。

 

 

 

ヨーグルトダイエット注意点

gatag-00011947

ヨーグルトは高カロリー食品になります。食べ過ぎれば太る原因にもなってしまいます。また食べ過ぎると内臓が冷えてしまい、腸の機能を低下させてしまいます。ヨーグルトの1日の摂取目安量は200ml程度になります。食べるヨーグルトの種類は脂肪ゼロや低脂肪のヨーグルトを選ぶようにしましょう。