ダイエットの中でやった事のある女性は多くいると思われるリンゴダイエットの効果と基本的なやり方を紹介します

リンゴのカロリーは1個300gで約160kcalです。

含まれる糖質は約43.8gです。お茶碗一杯のご飯の糖質が約50gなので糖質はご飯に近い量が含まれています。

リンゴは糖質量が多く含まれています。リンゴだけ食べるから少し多く食べても大丈夫と思われるかもしれませんが、糖質が高い物は太りやすくなります。リンゴダイエットは食べる量には注意が必要です。

 

リンゴダイエットが効果的な理由は

 

食物繊維が豊富な事とリンゴの中にはペクチンという整腸作用のある成分が含まれています。食事制限などを行うダイエットは栄養、量が足りずに便秘になりがちですが、食物繊維には余分なコレステロールや食物添加物を排出する効果があります。食物繊維と合わせてペクチンが摂れるので老廃物を排出して体の内側からキレイに痩せる事が出来る事になるのでリンゴダイエットは効果があると言えます。

ダイエットをする事で栄養が不足し、ニキビなど肌荒れの原因になる

ダイエットをして肌荒れしたなどの事を経験した事のある女性も多いと思います。

ダイエットをする事で注意しなければいけない事は栄養面です。

食事制限をしてダイエットをする事がほとんどなので、必要な栄養が摂れず肌荒れなどを起こしてしまう事が多くあります。

強い抗酸化作用でアンチエイジングに良いとされるポリフェノールですが、リンゴの中に100種類以上含まれています。ダイエット中おろそかになる美容面に効果的なので

リンゴダイエットが効果的な理由の一つと言えます

 

やり方 朝食リンゴ置き換えダイエット、夕食リンゴ置き換えダイエット

基本方法は3日間をリンゴダイエットの日にちにして

1日1食か1日2食をリンゴを食べるだけの食事に置き換えるダイエット方法です

短期間ダイエットであれば2食、ゆっくりダイエットは1食を置き換えるダイエット

 

リンゴダイエットポイント

皮も捨てずに食べるようにする。

皮にはポリフェノールや食物繊維が多く含まれています。

リンゴの成分を丸ごと摂るようにする事がポイントです。

 

リンゴに置き換えない食事はタンパク質、脂質を摂るようにする

リンゴダイエットを朝やる場合は、それ以外の食事でタンパク質をなるべく摂るようにしてください、鳥のササミなど高たんぱく低カロリーなのでオススメです。

間食でナッツ類を食べるなど脂質を摂る事も必要です

リンゴダイエットで不足の栄養をしっかり摂る事が重要なポイントになります