水を飲むだけで痩せる方法、水ダイエットを紹介します

ダイエットをしていく中で、重要になるのが水です。この水をどうやって飲むか、どれ位の量飲むかでもダイエットの効果が変わってきます。水は毎日の生活にも必要な大切な物です。その水を飲んで痩せる事が出来る、これを知っておかないと損です。

今回は水の飲み方とその効果を紹介していきます

 

水ダイエットやり方

 

水ダイエットのやり方は、水を飲むだけです。

水を飲むだけの簡単なやり方とゆうかいつも飲んでいる当たり前の事ですが、飲み方、飲む量で効果が出ます。

飲む量の目安は1日に2Lです。一気に摂る必要は無いので、1日の中で何回にも分けて飲むようにしてください。

意識して飲むようにして欲しいタイミングもあります。そのタイミングとは食事の前に飲む事です。

飲む量はコップ2杯の水を食事を食べる前に飲むようにしてください。食事の前に水を摂る事で食事の際に摂取するカロリーを減らす事が出来ます。食事中に多くの水を逆に飲むと、食べた物を消化するのが遅くなります。食事の前に水を2杯これをまず意識して飲むようにしてください

 

脂肪の燃焼を助ける効果もある水

ダイエットとは、体についた無駄な脂肪を取り除いて痩せる事が目的です。その脂肪の燃焼を助けてくれるのが水です。

まず脂肪を燃焼させるためには、新陳代謝を活発にしなければいけません、体内に老廃物をためてしまうと新陳代謝が悪くなり、脂肪がどんどん蓄積され、肥満になってしまいます。またどんなに運動をしても水分が足りていないければ油を注していない機械と同じで効果が上がらない事にもなります。水分を受け入れる体作りはダイエットの基本にもなります。

マグネシウムは体内の隅々まで水分を行渡らせて、血行を良くして新陳代謝を活発にする効果や、整腸や便秘にも効果的です。十分な水分と適度なマグネシウムの補給が水ダイエットで上手に痩せる鍵になります

 

 

水ダイエットで選ぶ水の種類

 

水ダイエットで水を摂る事で何が一番良いのか?

結論から言うと好みの水で問題無いです炭酸水や硬水などが効果があるとされますが

一番重要なのは水の量と飲むタイミングです。硬水を飲みなれている方は硬水の方が効果は高いので硬水をオススメしますが、自分の好みの水の方が続けやすいので、軟水など飲みやすい水でも大丈夫です

炭酸水や硬水など買って来ないと飲めません。ウォーターサーバーが家庭にある場合はバナジウム天然水などで効果がアップすると思いますが、基本的に飲む水はこだわらないでも大丈夫です。

 

水を飲んで基礎代謝を上げる

水を多く摂る事で代謝を上げる事が出来ます。

水を飲むと身体の体温が下がります。人間の身体は下がった体温を上げようとする機能があります。

体温を上げようとするとエネルギーを使います。身体はエネルギーを消費して下がった体温を上げようとします。

この働きで基礎代謝が上がります。

水にはカロリーも無いのでたくさん飲んで太る事も無く、代謝を上げる事が出来るので1日2Lを目安に飲むようにしましょう。

減量のあるスポーツをしている方は、減量前に水をたくさん飲んで基礎代謝を高めてから減量に挑みます。

水を飲むだけの事ですが効果があります。一気に飲むと水中毒になる可能性もあるので1日の中で分けて飲むようにしましょう

 

 

水で得られる効果

水を飲む事はダイエット効果以外にも効果があるとされます。

水を飲む事で体内の血液がサラサラになる効果や

体内に溜まった老廃物を排出するデトックス効果もあります。

便秘になりやすい女性など水をたくさん飲む事で便秘解消にもなるのでオススメです。

 

水ダイエットまとめ

水ダイエットは水を飲むだけの簡単な方法です。

目安の量は1日2L、一気に飲むのではなく1日の中で何回にも分けて飲むようにしましょう。

正し飲み過ぎは禁物です。ダイエットに効くからといって水を飲み過ぎるのは止めましょう。

食事の前にコップ2杯飲む、これを意識して飲みましょう

基礎代謝を上げる事が出来るので、続ける事で痩せやすい体を作る事が出来ます

水ダイエットだけでも効果はありますが他のダイエットと合わせやすい方法です。

取組んでいるダイエットの効果アップにもなります。意識するだけで簡単に出来る方法です。是非取りいれていきましょう