糖質制限をしてダイエットをする事で気になる事や、正しいやり方を紹介します

ダイエットは正しいやり方をすれば痩せれます

痩せれない人で多い理由は、間違えた方法をしている事です。

糖質制限の正しいやり方や気になる事を解説していきます

 

糖質制限の正しいやり方はどうすれば良いの?

lgf01a201407291000

糖質制限のやり方は、1日に摂取の糖質量を70~130gを目安にする事です。

一般的な日本人の食生活では1日約300gの糖質を摂取しています。日本の主食はご飯が多いです。このご飯が糖質の多い物になります。1日3食ご飯を食べると、ご飯お茶碗一杯で約50gの糖質量になります。3食なので150gです。目指したい糖質量をこれでは超えてしまいます。ご飯を抜くのでは無く半分にするなどすれば良いだけです。半分にすれば1杯約25gになるので1日3食でも75gになります。肉や魚や卵や乳製品は糖質が少ないのでおかずは糖質も少なくなります。

肉の糖質・魚の糖質・カロリーリスト

1日の目安を70~130gにする事で気をつけるポイントは主食の量です。

 

 

糖質制限はカロリーを気にしなくても平気?

糖質制限は食事を低糖質にする事が目的でカロリーの制限は無いです。

タンパク質や脂質を摂ると満腹感もあり空腹になりにくくなります。肉や魚などはおなかいっぱい食べて大丈夫です。

タンパク質や脂質を摂るとカロリー消費が高まる事も分かっています。おなかがいっぱいになるまで食べてもカロリー摂取が多すぎることはありません、多少カロリーが多くなったとしても同時に消費カロリーも増えるので、体重に影響はほとんど無いです。

糖質量を気をつければカロリーは気にしないで食べる事が出来るのが糖質制限ダイエットです。

 

 

糖質制限に危険は無い?

糖質制限をする事で、糖質を極端に抜く、糖質ゼロを目指すなどの制限は体に良くないです。

体が動く為に糖質は必要です。車でいうガソリンみたいな物と思ってください

ガソリンが無ければ動く事は出来ません。極端に糖質を抜く事は危険なので止めてください

 

1日の食事回数を減らして糖質制限をする

糖質を減らしてダイエットになるなら、1回の食事を無くして、朝食を抜いて1日2食にする、夕食は食べないで2食にするなど間違った方法をしてしまう人もいます。

糖質制限をする事で大切な事は、1日3食食べる事です。

糖質制限でダイエットに繋がるのは血糖値をコントロールする事です。

血糖値は食事後に上がります。インスリンを分泌して血糖値を食事前に戻して正常な状態にする事が普通ですが、食事を2回にするなどすると一気に血糖値が上がってしまいます。血糖値が一気に上がるとインスリンも多く分泌されるので逆に痩せにくい体になってしまいます。糖質の多い食事も同じで血糖値の上昇が大きくなります。血糖値を正常にする為に分泌されるインスリンは別名肥満ホルモンとも呼ばれています。血糖値のコントロールが重要な事になります

1日3食しっかり摂って血糖値をゆるやかな上昇にさせて、正常値に戻すようにコントロールする事が重要です。

糖質制限で体に与える効果を詳しく書いているので参考にしてみてください

低糖質な食事、糖質制限が体に与える効果は何?

 

糖質制限中でもお酒は飲んでも大丈夫?

糖質制限をしているからお酒は飲めない、そんな事は無いです。

飲み過ぎは良くないですがお酒も糖質を含む物、少ない物があります

お酒の糖質量はビールが350ml缶で約10g、日本酒が一合で約8g、ワインが一杯1.5g、梅酒が1杯約20gです。

糖質の少ないお酒は、焼酎、ウイスキーです。基本的に糖質ゼロなので糖質を気にしないで飲めます。

飲み過ぎは体にも良くないので2杯くらいの適量が良いと思います。