CMや雑誌などで良く目にする「酵素」ですが、実際酵素って何?と思う方も多いと思います。

酵素の効果って何?ダイエットに効果あるの?と疑問をお持ちの方に

酵素の役割とその効果を紹介します

 

酵素とは人の体内にある潜在酵素

みなさんが良く耳にする酵素とは何か?酵素にも種類がありますが

一般的に酵素の力が体に与えるなど目にする、耳にする酵素は私達の体内にある酵素の事を指しています。

人の体内には潜在酵素と言われる酵素があります。この潜在酵素は2種類あって、消化酵素代謝酵素と呼ばれる二つの酵素になります。この2種類の酵素の働きは、消化酵素は字のままで食べ物を消化する役割をします。代謝酵素は消化した物をエネルギーに変えて体内に運んだり、体の免疫力を高めて病気を治したり、生きていく上で必要な働きをします。

この2つの酵素は体内で一定量作られますが、一生の内に作れる量も決まっています。食べ物などで補給して増やすという事は出来ません。酵素は年齢と共に減少してしまいます。増やす事は出来ませんがバランスを整える事は可能です。食事でたくさん食べたり、消化に悪い物を食べたりすると消化酵素をたくさん使ってしまいます。消化酵素をたくさん使ってしまうと、その分代謝酵素に行く酵素が減ってしまいます。消化酵素を節約して代謝酵素に多く酵素を使う事が出来ると、代謝酵素が活発化されて、代謝が上がったり、免疫力が上がったりするので疲れが取れた、体重が落ちた、肌の調子が良くなったなど効果が出てきます。

この消化酵素を節約する為に重要なのが食物酵素と言われる食事から摂る酵素になります。

 

食物酵素って何?

 

食物酵素は、野菜や果物、発酵食品などに多く含まれている酵素です。食物酵素を摂る事で酵素が増えるとゆう事では無いですが、食物酵素をたっぷり摂る事で消化を助けます、消化酵素を多く使わないで済むという事になります。消化酵素を節約出来れば代謝酵素に多く酵素を使う事が出来るので、体の機能が向上します。体内で作られる酵素を上手く使う為には必要なのが食物酵素なのです。

食物酵素は熱に弱く、加熱調理してしまうと酵素が壊れてしまいます。48℃で壊れだして60℃でほとんどの酵素が壊れてしまいます。壊れてしまってはたくさん食べても効果が無い物になってしまいます。酵素をたっぷり摂るにはサラダなどをたくさん摂る事が大切です。発酵食品にも多く含まれているので漬物なども効果的です。

食べ方でサラダから食べて、スープ→肉・魚→ご飯の順に食べる事が良いと言われる理由は、サラダから食べて消化を促進する為です。太りにくい体にする為の基本的な方法ですが、酵素の働きを理解すると、消化酵素を節約する為に、サラダを食べて消化を助ける準備をして、消化に良い物から順に食べるようにして消化酵素を余計に使わないようにします。消化酵素を節約して代謝酵素にその分回して、代謝をアップする。これが食べ方ダイエットと言われる事です。簡単に出来る事なので食事の時は順番を意識して必ずやるようにしましょう。

 

酵素の働きまとめ

酵素はダイエットする事で非常に重要な物です。

代謝を上げる=ダイエットに繋がります。代謝を上げる為には酵素の力が必要です。

代謝酵素を活発化させる事で、代謝も上がり、免疫力や美肌効果にも繋がります。体内の働きを活性化させる事で肌のターンオーバーなど周期の乱れを整える事も出来るので美容効果もあります。

スムージーや酵素サプリ、酵素ドリンクなど最近は多くなってきているので、食事の前にそれらを飲むと効果的です。

食事の順番など簡単な事から始める事が出来るので、まず食事の順番を意識して消化を良くして代謝アップに繋げていきましょう