お腹を引っ込ませたい、ウエストを細くしたい、ビール腹を解消したいなど、体重はそんなに多くないのにお腹だけ出ている人も多く、お腹だけを何とかしたいと悩んでいますよね。

そんなお腹を引っ込ませる簡単な方法があります。

ウエストが細くなった、体重が落ちた。など効果が口コミでも人気のダイエット方法です

食事制限も無し!運動も無し!でお腹を引っ込められるドローインのやり方と効果を紹介します。

 

ドローインとは?

ドローインとは日本語に訳すと「引っ込める」、「息を吸う」と言う意味になります。

日本語にすると息を吸って引っ込めるになります。

 

 

ドローインダイエットのやり方

lgf01a201407280300

ドローインダイエットのやり方は、ドローインの言葉を日本語に訳したやり方をそのままです。

息を吸ってお腹を引っ込める。これだけです。

具体的なやり方を解説します。

1.背筋を伸ばして姿勢を正します。

2.大きく鼻から息を吸い込みます

3.息を吸い込んだときにお腹を膨らませます

4.口から細く長く息を吐き出します

5.お腹を凹ました状態で30秒キープします。

これを1セット、1日10セットを目標にしてドローインダイエットを行っていきましょう。

始めてやる場合はこれだけ?と思うかもしれませんが、これだけでお腹が筋肉痛になったと言う人もいます。

10セットは難しい人は5セットを目標にして少しずつ増やしていくなどしてみましょう

 

 

ドローインの効果

お腹周りには一度は聞いた事もある人もいると思いますが体幹と言う大きな筋肉があります。体幹を鍛える事で基礎代謝が上がります。基礎代謝が上がると太りにくい体を作る事にもなりますし、ウエストが細くなります。ぽっこりお腹を解消する事が出来ます。簡単に出来る方法ですが、ドローインは体幹トレーニングになります。

通勤や通学中、仕事中や電車の中、家事をしている時など、何処でも出来るダイエット方法です。

1ヶ月続けてウエストが3~4cm細くなった。など効果があります

 

 

ドローインのメリット

--www.pakutaso.com-shared-img-thumb-SEP_327215200714

ドローインのメリットは体幹を鍛えられると言う事です。

体幹を鍛える事で得られる効果をウエストを細くする、ぽっこりお腹を解消するのと同時に得る事が出来ます。

  • 基礎代謝が上がり痩せる体になる
  • 姿勢が良くなり、肩こり・腰痛が改善する
  • 骨盤が安定して生理痛・冷え性も緩和される
  • 内臓が正常な位置に戻ってウエストが引き締まる

体幹を鍛える事で得られる効果は上記の効果になります。

簡単に出来る方法でインナーマッスルを鍛える事が出来るので効果も高いです。

 

 

ドローインのダイエットの効果は?

lgf01a201407280500

食事制限も無く、激しい運動もしてないのに体重が減る?と気になると思います。

1ヶ月継続して続けた結果、4kg痩せたなどの口コミもあり効果は高いです。

続ける事が重要ですが、ドローインはやる場所は決まっていないので、10セットを1日目標にして行うので、家事で忙しいお母さんでも食事を作る時に1セットを行う、掃除をする時に行う、お風呂上りに行うで5セットは出来ます。後は出かけている時に行うなどをすれば10セットも簡単に出来ると思います。

簡単に出来て効果的な事が、続ける事で重要なポイントです。

 

ドローインダイエットの経験者の口コミ情報

  • 1ヶ月でウエストが4cm細くなった
  • 何処でも出来るので続けられた、体重も2週間で2kg落ちてます
  • 2週間やっているけど効果が出てない、やり方が悪いのか効果が無いのか・・・
  • 食事制限も必要な道具も無いのでお金もかからず簡単に出来て良かった
  • 1ヶ月続けてみましたが、ウエストは3cm細くなって体重は1kgちょっと落ちました

効果が出ていない人もいますが、ウエストを引き締める効果、ダイエット効果もありますね。

正しい方法でやらないと効果が得られないので、しっかり正しい方法で取組む必要はあります。

食事制限もお金も何もかからないので、簡単に始められる方法ですが、簡単に始められる事は止めるのも簡単に出来てしまう事でもあるので、効果を得る為にはしっかり続けて行く事が重要です。

 

 

ドローインダイエットの注意点

ドローインダイエットで注意するポイントはやりすぎない事と、体調が良くない時はやらないようにする事です。

お腹ぽっこりの人など、普段お腹を鍛えていない人は、いきなりやりすぎると結構な筋肉痛になってしまう事があります。始めてみたら筋肉痛になってキツイ・・・と思ってしまうと止めてしまう事にもなってしまうので、始めは徐々にセット数を増やして行くようにしましょう。

また体調がすぐれない、腰が痛い時などは控えましょう。

早くウエストを細くしたい、痩せたい。と気持ちも分かりますが、無理は禁物です。

焦らずじっくり行うようにしていきましょう