糖質制限中でもお酒が飲みたい、夜の晩酌は止められない・・・

仕事のお付き合いで、上司やお客さんと飲み会があるなど

お酒が好きな人はもちろん、嫌いな人でも行く機会はあると思います。

糖質制限中だからお酒が飲めない、好きなお酒を糖質制限していても飲みたい

お酒に関しての糖質を解説していきます

 

糖質の少ないアルコール

アルコールにも糖質が多い、少ないがあります。糖質量が少ないお酒であれば、糖質制限中でも楽しむ事は可能です。糖質の少ないアルコールは主に蒸留酒です。焼酎やウイスキーなどの蒸留酒は、糖質ゼロです。糖質ゼロだからいくら飲んでも大丈夫とは言えませんが、楽しむ程度に2~3杯飲む位が適量だと思います。

糖質制限中でもアルコールを飲みたい人は、蒸留酒にしてみると良いと思います。ワインも糖質は少なく1杯あたりの糖質量は赤で1g、白で1.5gなので、ワインが好きな女性はワインを1杯~2杯楽しむ事は問題無いです。

 

糖質の多いアルコール

糖質の少ないアルコールは、蒸留酒と分かりましたが、逆に糖質の多いアルコールは何かを紹介します。

糖質の多いアルコールは、ビール、日本酒、梅酒などです。ビールは糖質オフなど糖質を少なくしているビールもありますが、糖質オフといっても1缶に含まれている糖質量を計算すると結構な量が入っています。

普通のビール350ml一缶あたりの糖質量は約16g

これを50オフ、70オフのビールの場合で8~10gになります。普通のビールであれば1缶で16gなので多いです。1缶での量なので2~3缶飲んだ場合は、普通のビールだと50g近くなります。50gの糖質を一度に摂取するのは血糖値の急上昇に繋がります。

お酒好きの人でビールが好きな人は多いです。ビールが飲みたいと思うと思いますが。コップ1杯~2杯に抑えるようにする方が良いです。食事の糖質を抑えてビールを飲むなどは健康にも影響は出てくるので注意してください、糖質ゼロのビールも最近ではあります。ビールは飲みたいと言う人はそれらを飲むと良いと思います。

梅酒が好きと人も多いですが、梅酒も20mlあたりの糖質が約4gになります。ワインの1杯80mlあたりの糖質が赤で約1g、白で約1.5gなのでワイン一杯飲むより、梅酒一杯の糖質量の方が多くなるので注意が必要です。

 

お酒の後の閉めのラーメン

gatag-00011947

お酒を飲んだ後、帰りにラーメンが食べたくなる。お酒を飲む人はそんな経験もあると思いますが。糖質制限でダイエット中は我慢してください。お酒を飲んで帰り道にふらっとラーメン屋さんに行きたくなる気持ちも分かりますが、ラーメンは糖質が多いので締めでラーメンを食べると、時間的にも糖質量でもNGです。9時以降の食事はなるべく食べないようにする事もダイエットには必要です。

締めでラーメンは、飲み会終わりになっていると思うので、時間も夜9時以降がほとんどです。

どうしても食べたいと思っても我慢して、早く寝るようにしましょう。お酒を飲んでいるから食べたくなる気持ちも強くなっています。食べた後後悔する事も多いので、寝て忘れるのが一番です。

 

 

糖質制限中のアルコールで気をつける事

糖質制限ダイエット中にアルコールを飲む事は特に問題無いですが、ビールなど糖質の多い物は極力飲まない方が良いです。ビールは飲みたいと言う人は、糖質オフの物を選ぶなど、糖質が少ない物を選んで飲むようにしてください。

蒸留酒は糖質制限中でも糖質ゼロだから問題無いと飲み過ぎも注意です。2~3杯位が丁度良い量です。

夜はご飯あまり食べないから糖質も少ないし飲んでも大丈夫、お酒が飲みたいから食事を減らすなどは良くないので、夕食も摂るようにしましょう。

9時以降の食事は摂るのであれば、野菜中心、野菜多めが理想的です。お酒を飲む場合は、漬物や小鉢のつまみを頼むなど、たくさんの種類を食べて満足感を得るなど、食べ過ぎないようにすると良いです。

最後の締めは我慢です。食べたいと思う気持ちを抑えて我慢しましょう

糖質制限中でもアルコールは楽しめます。飲めるからと飲み過ぎては体にも良くないので、控えめに飲むようにしましょう