糖質制限は痩せるダイエット方法として人気の高いダイエットですが

糖質制限はどれくらいすれば痩せる事が出来るのか?気になる事だと思います。

毎食糖質制限する方が良いのか?1日1回でも十分効果あるのかを解説します

 

 

夜の糖質制限でも充分痩せられる

diet

結果を先に言ってしまうと、夜だけの糖質制限でも充分痩せる事は可能です。

糖質制限は、1日の糖質量を70g~130gに減らす事がロカボダイエット方法になります、糖質制限と言うと特に決まった目安も無いので糖質制限をするならロカボを目安にして、糖質を減らす事を目標にダイエットしますが、夜は炭水化物を食べないなど夜だけの糖質制限でも効果はあります。

普通に糖質制限をすると1ヶ月で3~4kg減るダイエットですが、夜だけの糖質制限で3ヶ月で10kg痩せた。なんて人もいます。日本人の主食はお米なので、1日平均糖質量は約300gと言われています。夜は1日の中でもっとも多く食べる量が多いと思います。夜だけ炭水化物を食べない、糖質を摂らないでもダイエットに必要な糖質制限に足りると思われます。

 

 

キツイ制限をしない事が重要

ダイエットが続かない理由で一番多いのがキツイ制限をしている事です。カロリー制限にしても糖質制限にしてもキツイ制限をしていると、ストレスにもなって毎日続ける事が辛く感じてしまいます。ダイエットが辛いと感じてしまうと、ダイエットをして目標体重になって達成感もあると思いますが、食欲も高まっているので食べ過ぎてしまう事が多く、リバウンドの原因にもなってしまいます。

ダイエットを続けるポイントは、きついルールを作らない事が重要です。

夜だけ糖質を制限する事は、朝と昼は普通に食べれるのでストレスも無く出来ます。夜はまず主食のご飯を食べないようにする事から始めて食に対しての意識を高くするようにしていくと効果的です。

 

 

夜の食事の摂り方

夜だけ糖質制限をする時に意識して欲しい事がタンパク質の量です。

糖質を制限していてもタンパク質を多く摂る食事にする事が成功の秘訣になります。

タンパク質は食事をするために使うエネルギーの食事誘導性熱代謝が高く、糖質の場合は吸収した分の4%の消費エネルギーですが、タンパク質の場合は30%です。タンパク質を多く摂れば、それだけカロリーを消費出来るので、肉や魚でタンパク質を摂るような食事にしてください

ご飯は食べない、量を少なくする。それと合わせて肉も魚も食べないではダメです。

糖質制限はカロリー制限では無いので、カロリーは気にしすぎないで大丈夫なダイエットです。食べる量を減らせばダイエット成功にもなると思いますが、食事のボリュームが減ってはお腹が空いて満腹感も無くストレスにもなります。

夜の食事は、糖質少なめ、脂質少なめ、タンパク質多めな食事がオススメです。

 

 

実は糖質の高い食事に注意

糖質制限をする時に注意する事は、実は糖質の高い食材を知る事が必要です。

糖質制限してるのに痩せない、体重に変化が無いなど失敗の原因にもなる理由が実は糖質の高い物を食べている。結果糖質制限が出来ていない事が挙げられます

糖質の多い食事の例を挙げると

朝の食事はバナナと野菜ジュースとヨーグルトを食べている

バナナは1本あたりの糖質量が約20gと高いので糖質制限中は極力控えましょう。野菜ジュースも糖分が入っているので一杯あたり約4gと比較的高めです。朝食コーンフレークを食べている人は一食分の糖質量が約80gとかなり多い糖質量なので止めるようにしましょう。

昼は春雨ヌードルなど軽い物

カロリーの少ない春雨は、デンプンで出来ているので糖質はかなり多くなります。

夜はきんぴらごぼうとさつまいもを蒸して食べている

ごぼうもニンジンも糖質が実は高めです。さつまいもやジャガイモも糖質は高いので注意です

糖質は、ご飯や麺類や甘い物などが多いと思われますがフルーツやイモ類も糖質の高い物になります。夜だけ糖質制限でも食べるのを極力控えるようにしましょう。夜だけだからこそしっかり糖質を抑えた食事を摂る事が大事です。

 

 

続けられるダイエットにする事

ダイエットでもっとも重要な事が続ける事です。

1週間続けて止めた、2週間頑張ってたけど辛くて止めたなど失敗する原因は続かない事です。ダイエットは最低でも1ヶ月は続ける事が必要です。1ヶ月続けたけど全く効果が無かったと言うダイエットも中にはあるかもしれませんが、ほとんどのダイエットは続ける事で効果は出てきます。効果が出るまでに個人差はありますが確実に体に変化をもたらしていると思います。

ダイエットを始める日に、始めた時の体を写真で撮っておく、毎日食べた物を記録する事も重要です。食べた物を記録するのは大変と言う人は、毎日体重を量って記録するようにしてみましょう。少しずつでも体重が減っていく様子が分かれば続けるモチベーションになります。体重が落ちなくなった時は停滞期になっているのでダイエットが成功している証拠ですし、停滞期に対しての対応も出来ます。毎日体重を量らないと停滞期も分からないのでしっかり記録していきましょう。

ダイエット中体重が落ちなくなる停滞期の乗り越え方、停滞期の乗り越え方はこちらから

 

夜だけの糖質制限でも痩せる為に十分な糖質制限と言えます

夜だけ炭水化物、糖質を制限するのでキツイダイエットでも無いので続けやすい、ストレスが無いのも成功のポイントです。無理なダイエット方法はリバウンドの原因にもなります。自分の体に合ったダイエットを見つける事も成功の鍵です。

頑張ってダイエット成功させていきましょう