ダイエットを成功させる事は難しい事ですが、ダイエット後はリバウンドを気をつけないと行けません。
ダイエットとリバウンドはセットのような物です。

ダイエット成功させてもリバウンドしてしまう。

こうならない為に、主な原因を理解して、対策方法をしってリバウンドしないダイエットにしていきましょう。

 

 

リバウンドのメカニズム

リバウンドのメカニズム

リバウンドが起こる原因は主に2つです。
なぜリバウンドしてしまうのか?主な原因を簡単に説明していきます。

 

ホメオスタシスと停滞期

食事制限によるダイエットを行うと、始めてから順調に体重は減っていきますが、体重が中々減らなくなる時期、「停滞期」がやってきます。
長い場合1ヶ月程続く場合もあるのが「停滞期」です。

この停滞期の原因となるのが「ホメオスタシス」と言う体の機能になります。
食事制限をすると、摂取するエネルギーも当然減ります。
この時、エネルギー消費を減少させて体を維持する為に、体に備わっている機能がホメオスタシスと言う体の機能になります。

ホメオスタシスの機能が働くと、エネルギー消費量も減る為、体重が減らなくなってしまう事が停滞期となります。

消費カロリー>摂取カロリーとしているはずなのに、ホメオスタシスが働くと

消費カロリー=摂取カロリーとなり体重が落ちなくなってしまいます。

 

 

レプチンの量と満腹感

レプチンとは食事をした時に体が「もう満腹」と感じる、満腹中枢を刺激して分泌される成分です。

ダイエット中は脂肪の吸収が減少するので、レプチンの分泌量もそれに伴い減少していきます。
レプチンが十分な量分泌されない為、満腹にならず空腹な状態となって、キツイダイエットとなってしまいます。

少し複雑な事なので、難しいですが、簡単に説明すると

カロリー面から太りやすくなるホメオスタシスと空腹を感じやすくなるレプチン

この2つの効果が組み合わさってリバウンドしやすくなります。

 

リバウンドに対する対策

リバウンドに対する対策

リバウンドの原因は、ホメオスタシスとレプチンにあると説明しましたが、きちんと対策をする事でリバウンドも防げます。

 

リバウンドしない為の対策

  • 1が月の体重減少を5%以内に抑える
  • 停滞期がきても1ヶ月は食事を元に戻さない

リバウンド対策として有効なダイエット方法がこの2つです。

無理なダイエットは、体重減少するスピードも当然高くなりますが、リバウンドする原因になります。

自分の体重×0.95=1ヶ月の目標減量とするのが適切なダイエットです。

60kgの場合、60×0.95=57となるので、3kg以内が目安
50kgの場合、50×0.95=47.5となるので、2.5kg以内が目安

もっと早く体重を落としたい気持ちもあると思いますが、リバウンドしないダイエットが理想的なダイエットです。

停滞期がきても1ヶ月は食事を元に戻さない

これも非常に重要です。
レプチンの分泌量に体が慣れてくると少ない食事でも満腹感を得られるようになってきます。

停滞期がくると、体重が今までのように落ちないと、ダイエットを諦めてしまう人もいますが、停滞期はダイエットが成功している合図です。

停滞期を乗り越えればダイエット成功までもうすぐです。

 

 

 

リバウンドの原因は無理なダイエット方法

リバウンド原因の殆どが、無理な減量をする事が原因で起こります。
ダイエットをする場合は、当然すぐに痩せたい、目標体重まで落としたいと思う事は当然の事ですが、1ヶ月~2ヶ月で10kg近く体重を落とすダイエット方法は良い方法とは言えません。

体重の変化は個人差が勿論あるので、食事内容を変えるだけでスンナリ落ちる人もいます。

無理な食事方法、慣れない筋トレをして体重を落とすと、ダイエットの為に始めたジムを退会した後、辛い食事制限、キツイ筋トレから解放されて、暴飲暴食にもなり、運動も全くしないダイエット前の生活に戻ってしまう事が多いです。

有名ジムで2ヶ月トレーニングを続けてせっかく痩せたのにリバウンドしてしまう多くの原因が無理なダイエットから元の生活に戻ってしまった事が原因となります。

パーソナルジムで行なわれる食事制限も無理の食事指導をしてくれるジムがリバウンドしにくいとも言えます。