ダイエット成功したけど脚瘦せしなかった、体重は落ちたのに脚だけ太いまま

ダイエット経験のある方はこんな経験をしている人も多いのでは無いでしょうか?
せっかく頑張ってダイエット成功したのに、目標としていた脚瘦せ出来なかったなど、脚瘦せはダイエットの中でも難しい部分痩せとなっていて、普通のダイエットでは痩せる事が難しいです。

どうして脚瘦せする事が出来なかったのか?
何をすれば脚瘦せする事が出来るのか?

今回は下半身痩せ出来ない理由、痩せる為に必要な事などを紹介していきます。

 

体重・体脂肪を落としても脚瘦せする事は出来ない

体重・体脂肪を落としても脚瘦せする事は出来ない

ダイエットをすれば、全体的に痩せる事が出来る

こう思っている人が殆どだと思いますが、体重・体脂肪を落とすだけのダイエットで下半身痩せする事は出来ません。

ダイエットの目的は体重、体脂肪を落とす事です。
下半身痩せは、体重、体脂肪を落とす事も勿論大切ですが、骨格ラインを整える事が大切です。

脚瘦せする方法として、有酸素運動が効果的と言われる事が多いですが、筋肉が必要以上に付いてしまい逆に脚が太くなってしまう事にもなってしまいます。

 

骨格の歪みを整える事が重要

下半身痩せする為には、骨格の歪みを整える事が重要です。

ダイエットしても下半身が太いまま、脚痩せが出来ないといった人は、骨格が歪んでいる事が原因となっている人が多いです。
骨格が歪んでいると、脚の筋肉バランスが悪く、効果的と言われるエクササイズやストレッチを行なっても逆に脚が太くなってしまう、なんて事にもなります。

下半身痩せする為の基本は骨格の歪みの解消が必須です。

 

膝関節の歪み改善はO脚・X脚改善に繋がる

脚がO脚だったり、X脚だったりと悩みを抱える人もいると思います。
O脚やX脚は脚が太く見えてしまうなど、見た目のバランスが悪い事と合わせて、むくみの原因や腰痛、冷え性といった事の原因にもなっています。

O脚・X脚は良い事無しです。
キレイな脚瘦せを実現する為に、しっかり改善する事が重要です。

 

足首の歪み改善が大切

脚瘦せする為に、膝関節の歪みの改善が必要ですが、それに大きく関係しているのが足首の歪みです。

足首の歪みはふくらはぎのむくみ、冷え性も引き起こします。
これらの原因に挙げられる事が、脚の血行不良です。

ふくらはぎは、血行のポンプの役割を果たしています。
血液はカラダ全体に必要な栄養や酸素を届けます。
むくみや冷え性を引き起こしている状態では、運動効果も出難いカラダになってしまいます。

せっかく頑張って運動をしても、これでは効果を得る事が出来ません。
足首の歪みの改善⇒膝関節の歪み改善=骨格の改善が下半身痩せには必要です。

 

歪みを整えなければいけない理由

下半身痩せには、骨格の歪み、膝関節の歪み、足首の歪み、これらを改善する事が必要と説明してきましたが、その理由は脚の骨格ラインが崩れる事で、O脚、X脚、むくみ、冷え性、便秘など様々な悪影響がカラダに出て来ます。

これらの悪影響を出さない為にも、脚の骨格ラインを整える事が大事です。

 

 

骨格ラインを整える方法

下半身痩せする為に必要な歪みを整える為に必要な方法は、正しく脚の筋肉を使える状態にする事です。

骨格はボディラインに結び付きます。
正しい筋肉を使うようにすると言っても、長年の習慣から来るクセなど、中々直し難いです。
正しい関節の動かし方、歩き方などのエクササイズをして、正しく筋肉を使える状態にする事が重要となります。

しっかり脚の筋肉を使えるようにする事で、脚の骨格ラインは整ってきます。
正しく使えるようにする為には、脚のエクササイズやストレッチなど、使っている筋肉は何処なのか?意識して鍛える事が大切です。
スクワットをしても正しい筋肉を使えていないと、膝が内側に入ったまま行なってしまい、脚を細くする為に行なっていたスクワットが、逆に脚を太くしてしまうスクワットにもなってきます。

インナーマッスルを鍛えて、関節の歪みを直し、日常生活でも崩れないカラダを作る事が下半身痩せには必要です。

 

食事管理だけでは下半身痩せは難しい

食事制限など、ダイエットには食事をコントロールする事は非常に大切な事ですが、下半身痩せなど、部分痩せダイエットでは、食事管理+トレーニングが必要です。

下半身痩せをパーソナルジムで目指す場合でも、トレーナーからトレーニング指導+食事指導があります。

ダイエットで下半身痩せする事が出来なかったと言う人が多いのが、正しいトレーニングが出来ていなかった事が原因として多いです。
下半身痩せは難しいダイエットではありますが、エクササイズをして骨格の歪みを改善し、トレーニングを続ける事で痩せる事は可能です。