ダイエットの種類は数多くあります。

その中でも効果を得るのが早く、本なども多数出ていて流行のダイエットにもなっていますが、糖質制限をしてダイエットを始めようと思っている場合、注意しないといけない事があります。

何となく始めてしまっている人も多い糖質制限ですが、知らないと困る事はどんな事なのか
知らない人はチェックしてみてください

 

糖質制限でやってはいけない事

糖質制限でやってはいけない事

糖質制限を始める時、何となく糖質の多い物を控えるようにする方が多いのではないでしょうか?

糖質制限中にやってはいけない事は

何となく始める

これです。
糖質を太る原因と捉えて糖質を極力控えてしまう事は、必要な糖質量も摂れていない糖質制限になってしまう可能性が高く、必要な糖質の摂取が出来ていないとダイエット所ではなくなってしまいます。

糖質は身体に必要な栄養素の1つです。
糖質が不足してしまうと痩せ難い身体にもなってしまい、ダイエットをするはずの取り組みが逆効果になってしまう事もあるので注意しなければいけません。

何となく糖質制限を始める場合は、ご飯をとりあえず食べるのを止める、これが1番多い糖質制限だと思いますが、ご飯を食べるのを止めて体重が減っていく方も勿論いますが、ご飯以外の糖質を制限出来ていない事が多いので、思っていたよりも体重の落ちが悪い、全然効果が無いと感じる人の方が多いはずです。

糖質制限は簡単なダイエットと言われていますが、実践する場合は最低限抑えるべきポイントを把握してから実践しないと効果は得にくいです。

 

 

糖質制限=ゼロでは無い

糖質制限ダイエットと聞くと糖質の摂取を極力控えるようにすると捉えて取り組む方もいると思いますが、糖質制限=糖質0ではありません。

糖質は人の身体にとってとても重要な栄養素の1つで、車で例えるならガソリンと同じです。
運動をする為にも頭を働かせる為にも糖質が必要になります。

糖質が不足してしまうと、必要な糖質を補う為に筋肉が分解されアミノ酸に変化し、アミノ酸から糖質が生成される働きを身体は自動的に行ないます。

糖質が不足してしまうと筋肉量がこういった働きから減ってしまい、基礎代謝も下がります。
基礎代謝が下がってしまうと痩せる身体を作っているはずが痩せにくい身体作りになってしまう事もあります。

 

 

1日に必要な糖質は必ず摂取する事が大事

1日に必要な糖質量は個人差はありますが、50g程は確実に摂取するようにしてください

糖質量が多い食べ物が主食となるご飯やパン、麺類などです。
糖質量の多い主食を糖質量の少ない物に置き換える、又は量を少なくして糖質量を抑えるのが糖質制限の基本です。
量を少なくすると食べれないストレスも出てしまうので、置き換えるのがオススメです。

 

 

糖質制限+αが大事

糖質制限効果をしっかり得る為には糖質制限+αが大事です。

糖質制限をしてるから体重が落ちるとは限りません。
運動をするのが1番良いですが、生活習慣を改善する事が大切です。

生活習慣の改善は就寝前に食事を摂るなどせず9時以降は食事を摂らないようにする。
睡眠時間をしっかり取るようにするなど、特別難しい事ではありません。

意識を持っていれば確実に行なう事が出来るので、運動は苦手と言う人は生活習慣の改善を糖質制限を行なうのと同時に始める事が糖質制限ダイエット成功に繋げる行動になります。

 

 

食品の糖質量を把握する事が大事

糖質制限を何となく始めると必要な糖質量が不足してしまう可能性が高いので、食事の際に摂取する糖質量を把握する為に、食品の糖質量を知る事が重要です。

糖質量をしっかり把握しておく事が出来れば毎日の献立も糖質量の少ない食事にする事が出来ます。
糖質制限をする上で糖質量の把握は必須です。
何となく始めても体重の変化が全然無いとゆう事は不思議な事ではありません。
しっかり糖質制限をする事が出来れば効果も確実に得る事は出来ます。

 

糖質量の多い食事

【主食】

種類 品目 分量/g 糖質量/g
ご飯 白米 茶碗1杯
(150g)
55.1g
玄米 茶碗1杯
(150g)
53.9g
五穀米 茶碗1杯
(150g)
47.8g
赤飯 茶碗1杯
(150g)
46.1g
パン類 食パン 1枚
(60g)
26.6g
フランスパン 25g 13.7g
ロールパン 30g 14.0g
クロワッサン 45g 14.0g
麺類 かけそば 麺150g 44.3g
かけうどん 麺150g 38.5g
ラーメン 200g 55.8g
パスタ 200g 53.8g

 

【意外と糖質の多い野菜】

種別 品目 分量/g 糖質量/g
野菜 じゃがいも 110g 16.1g
さつまいも 70g 18.4g
カボチャ 60g 10.4g
玉ねぎ 200g 13.5g
とうもろこし 240g 16.6g
果物 バナナ 1本
(220g)
28.2g
リンゴ 1個 39.0g
1個 21.2g
乳製品 牛乳 1杯
(200g)
10g
ヨーグルト 100g 11.9g

糖質量の多い食事をまとめた結果が上記です。
ご飯も白米より五穀米、赤飯の方が糖質量は少なくなります。
お茶碗1杯でも糖質量は多いので、量を半分に減らすなど気をつける事が大切です。

 

糖質量の少ない食事

種別 品目 分量 糖質量
肉類 牛ロース 200g 0.4g
牛ヒレ 100g 0.5g
牛挽き肉 50g 0.3g
豚ロース 200g 0.8g
豚ヒレ 100g 0.1g
ロースハム 1枚
(11g)
0.2g
ベーコン 1枚
(19g)
0.05g
ウィンナー 1本
(15g)
0.5g
魚介類 アジ 1匹
(90g)
0g
マグロ 刺身
(200g)
0g
あさり 90g 0.1g
タコ 50g 0.1g
カマボコ 10g 1.0g
乳製品 プロセスチーズ 20g 0.3g
ナチュラルチーズ 20g 0.2g
野菜 キャベツ 30g 1.1g
レタス 30g 0.5g
ブロッコリー 50g 0.4g
白菜 280g
(2枚)
5g
きゅうり 1本
(120g)
2.2g
もやし 50g 0g
その他 たまご 58g 0.1g
アーモンド(無塩) 10g 1g
木綿豆腐 400g
(1丁)
4.8g
絹ごし豆腐 400g
(1丁)
6.8g
納豆 50g 2.6g

糖質量の少ない食材が上記です。
肉や魚は糖質が少ないので主食の量を減らして肉や魚を多く食べる事は可能です。
レタスとハムを使ったサラダや豆腐と白菜を使った鍋など食材に含まれる糖質量をしっかり把握する事が出来れば献立の幅も広がります。

 

糖質制限は正しい知識を持って取り組む事が大切

糖質制限はとりあえず糖質が多そうな食事を減らすだけで始める事は出来ますが、正しい食事内容になっていないとダイエット効果をしっかり得る事が出来ないダイエット方法です。

始める時はしっかり食事に対しての知識を持って実践していかないと効果も得る事が出来ず、頑張っているのに効果を得られなければ努力も無駄になってしまいます。

正しい知識を持って取り組む事が出来れば効果もしっかり得られるのが糖質制限です。

糖質制限は0にする事が目的のダイエットではありません。
必要な糖質量をしっかり摂取して、痩せる身体作りをする事が目的なので、しっかり正しい知識を付けて実践してダイエット成功させていきましょう。