糖質制限を続けていると体臭や口臭がきつくなっていると、家族や周りの人に言われて気付く方もいると思いますが、なぜ体臭や口臭がきつくなってしまった?と疑問を持つ方もいると思います。

今回は糖質制限で体臭や口臭がきつくなる仕組みや対策方法など説明していきます。

 

匂いの原因はケトン体

匂いの原因はケトン体

糖質制限ダイエットを行なう方なら言葉を聞いた事がある、雑誌などで見た事がある人もいると意味はあまり知らないけど言葉だけは知っている人もいると思う「ケトン体」が体臭や口臭の原因です。

ケトン体は糖質制限を行なうと発生する物質の事で、エネルギー源として、血中のブドウ糖を使い切ってしまうと、蓄えられている体脂肪が分解されて、新たなエネルギー源となります。
この時に肝臓で産生され、血液中に放出される物質を「ケトン体」と言います。

 

ケトン体の匂い

何かちょっと臭いな?と自分で自分の匂いを分かる人も少ないと思いますが、ケトン体が実際どんな匂いなのか?理解しておくと良いと思います。

ケトン体を構成する物質は、アセトン、アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸と言われる物質です。
この中のアセトンが体臭や口臭に影響するとされ、「ケトン臭」・「アセトン臭」とも呼ばれています。
この匂いの特徴は甘ずっぱいツーンとしたにおいです。
揮発性があるため、体臭として排出され、呼気に混じると口臭になります。

 

糖質制限中のケトン臭を防ぐ方法は

糖質制限を行うと発生するケトン臭は防ぐ事が出来ます。

糖質制限ダイエットを順調に行なえている証拠にもケトン臭はなりますが、嫌な匂いが身体から発生してしまうのは当然ながら嫌な事なので、出来れば防ぎたいはずです。

匂いが出やすいのが運動をあまり行なわず糖質制限ダイエットを行なっている場合です。
運動不足の際、アセトン臭が生じる事が多いです。

その為、匂いを抑える為には、適度な運動が効果的と言われています。
ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動や筋肉トレーニングなどのダイエット方法も併用して行なう事で、嫌な匂いの原因にもなるケトン体の発生を抑える事が出来ると言われています。

筋肉でケトン体が燃焼出来る為、運動をする事で匂いの原因を抑える事が出来ます。

 

食事で匂いを抑える事も

運動はどうしても苦手と言う人は食事で匂いを抑える事も可能です。

ケトン体は酸性物質です。
アルカリ性食品を食べる事で、身体をアルカリ性に傾ける事で体臭を防ぐ事が出来るとも言われています。

食べるアルカリ性食品は野菜、海藻類などがオススメです。

 

せっかく始めたダイエットも嫌な匂いが発生してしまってはヤル気も出ない、魅力的でもないダイエットになってしまいます。
しっかり匂い予防や対策をして糖質制限ダイエット成功していきましょう