ダイエットを始める前に自分は一体何kgを目指すべきなのか?

適正体重が何kgなのか?コレを知る事は非常に重要です。
自分の適性体重を知る事で目標とする体重も定まってきますし、適正体重=健康な身体です。

今回は適正体重の計算方法を紹介するので、自分は何kgを目指すべきなのかを把握してみてください

 

 

適正体重の計算方法

適正体重は簡単な計算で知る事が出来ます。

身長(m)×身長(m)×22=適正体重です。

身長が160cmの方の場合の適正体重を計算する場合、1,6×1,6×22=56,32kgが適正体重となります。

適切な体重を維持する事は生活習慣病にかからない為にも必要な事です。
自分の体重は適正体重に対して何kg程オーバーしているのか?これを知る事はダイエットを始める前に必要です。

適正体重が分かれば自ずと何kg落とさなければいけないのかも分かってきます。

 

BMIで肥満度を把握

最近の体重計で測れる物は多いのでBMIと言葉や文字を見た事がある方は多いと思いますが、BMIが何なのか?正しく理解している方は少ないのではないでしょうか?

BMIとは体重と身長の関係から算出される人の肥満度を表す体格指数の事です。

身長と体重に対して自身の肥満度を数値で把握出来るようになっているのがBMIです。

BMIの計算式は体重÷(身長×身長)=BMIです。

160cm体重60kgの人の場合で計算すると、60÷(1.6×1.6)=23.45となります。

一般的にBMIは25を超えると危険信号と言われています。
逆に低すぎも(BMI18.5以下)良くないです。

 

BMIの基準

日本の肥満度協会ではBMIを6段階に分けて表記しています。

  1. 低体重(痩せ型)・・・18.5未満
  2. 普通体重・・・18.5以上、25未満
  3. 肥満(1度)・・・25以上、30未満
  4. 肥満(2度)・・・30以上、35未満
  5. 肥満(3度)・・・35以上、40未満
  6. 肥満(4度)・・・40以上

肥満度協会ではBMI22を標準体重とし、25以上を肥満、18.5未満を低体重としています。

BMI22に近ければ標準体重となるので、160cm60kgは体重的には問題なしとなります。

 

適正体重は健康体重

適正体重じゃなくても別に構わないと思う方もいると思いますが、適正体重は病気にもっともかからない体重とされているので、健康面で考えても重要になります。

BMIが25以上の肥満になってしまうと、脂質異常症や糖尿病、高血圧などの生活習慣病にかかるリスクが2倍以上になります。

BMIが30を超えていると更にリスクは高くなり、減量治療も必要となってきてしまいます。

BMIは適正体重の目安ではありますが、18.5~25未満を目安に自身の目指すべき体重を設定する必要があります。