ダイエット中は我慢しなければいけないイメージが強いお酒ですが、毎日の晩酌を何よりも楽しみにしている人の場合はお酒を禁止されてしまう事がストレスになってしまいダイエット成果を挙げる妨げにもなってしまいます。

結論から先に言うとお酒を飲んでもダイエットに成功する事は可能です。

ダイエット中に飲むお酒の種類さえ注意すれば飲んでも大丈夫、我慢しなくても大好きな晩酌を楽しむ事も出来ます。

 

お酒がダイエット中にダメと言われる理由

お酒がダイエット中にダメと言われる理由

なぜお酒がダイエット中にダメと言われるのか?
この点についてあまり知らない方も沢山いると思います。

お酒が太ると言われる原因はお酒の量と糖質量です。

カロリーが高いからと思われやすいですが、実際にお酒に含まれるカロリーを調べてみるとそれなりにカロリーは含まれていますが高過ぎるという物はあまりないです。

ですが沢山飲み過ぎてしまうと当然カロリーオーバーになってしまいます。

 

お酒のカロリーはエンプティーカロリー

お酒に含まれているカロリーはエンプティーカロリーと言って脂肪になりにくいカロリーなんです。

お酒に含まれているカロリーには、炭水化物やタンパク質、脂質などの栄養が殆ど含まれていない為、エンプティーカロリーと呼ばれています。
カロリーは含まれているのに脂肪になりにくいカロリーになるのはなぜ?と思うかもしれませんが

アルコールに含まれてるカロリーは肝臓ですぐに分解されて、優先的にエネルギーとして消費されてしまいます。
お酒を飲むと顔が熱くなったり身体が熱くなったり赤くなったりするのはアルコールが身体に蓄積されずに、熱になって消費されているからです。

アルコールに含まれるカロリーには栄養が無く、身体に蓄積されずにすぐに消費されてしまうから太らないと言われるのがお酒のカロリーは太らないと言われる理由です。

 

 

お酒の種類では注意も必要

お酒の種類によってはアルコール以外の物も含まれています。

ビールや日本酒ワインなどの醸造酒はアルコール以外にタンパク質や脂質が含まれていて、食品に含まれるカロリーのように体内に蓄積されてしまいます。

ですが、焼酎やウイスキー、ジン、ブランデーなど蒸留酒はアルコールによるカロリーしかありません。

お酒をダイエット中に飲む場合は、蒸留酒の焼酎やウイスキーを飲むようするのが良いです。

 

 

飲み過ぎは注意

蒸留酒であれば身体に蓄積されないカロリーの為、沢山飲んでも大丈夫と思ってしまう方もいるかもしれませんが、お酒を飲んでも良いですが、飲みすぎはNGです。

アルコールには脂肪の代謝を抑制する働きもあるので、結果的に肥満に繋がってきます。

晩酌はお酒だけと言う方もいるかもしれませんが、殆どの人がおつまみを食べながら晩酌を楽しむと思います。
この時のおつまみにも注意しなければいけません。

アルコールはお酒の種類に注意して、適量を守る事が大切、これだけは必ず頭に入れておいてください

 

 

ダイエット中のお酒の楽しみ方

お酒を我慢する事がストレスとなってしまう方はダイエット中でもお酒を飲んだ方が良いとまでは言えないですが、飲む事は可能です。

その際に注意しなければいけないポイントは

蒸留酒を飲むようにする事、高カロリー、油っぽいおつまみには手を出さないようにする事、飲み過ぎないようにする事が大切です。

 

お酒の種類は蒸留酒

焼酎、ウイスキー、ジン、ブランデーなどの蒸留酒にする事

 

おつまみはカロリーの低い物

ナッツや海藻の酢の物、歯ごたえの良いスルメなどで食べ過ぎ防止にも効果的な物を選ぶ

 

飲む量は適量に

  • 焼酎一合(200ml)
  • ウイスキー、ブランデー(グラス1杯程度)
  • ワイン(グラス2杯)
  • ビール(500ml程度)

1日あたりの適量はこのくらいの量です。
少し物足らないと思う方もいると思いますが、1日の適量を目安にして抑えるようにする事が大切です。

毎日飲む習慣化身についてしまっている方もいると思いますが、休肝日は週に1~2日は設けるようにしましょう。
肝臓を休める事でアルコール分解機能を保つ事に繋がります。

3日に1回休肝日を作るようにするのがベストです。

 

お酒と上手に付き合う事が大切

ダイエット中にお酒を飲まない方が良いですが、飲めない我慢がストレスになってしまう方はお酒を飲んだ方がダイエット成功に近付ける事にも繋げる事が出来ます。

お酒と上手に付き合う事が大切です。

お酒は太るからダメ、身体に良くないからダメ、と言われやすいですが、ダイエット中は良いとまでは言えませんが、ストレスに感じてしまうなら適量飲んだ方が良いです。

しっかりコントロールして上手くお酒と付き合う事でダイエットも上手くいくはずです。